ダイエットでの食事と運動の時間 〜 食事deダイエット

main_top_over_navi
main_top

ダイエットでの食事と運動の時間

ダイエットにおいて美しく、且つ、健康的にスリムな体型を目指すのであれば「食事」と「運動」は重要な鍵を握っていることを忘れてはなりません。食事は「低カロリー・高タンパク」、食事は「ジョギングなどの有酸素運動を心がける」と、より一層痩せる効果は高まります。そして、ダイエットを更に極めてより効率化を望むのであれば、双方の「時間」にも注目することです。 食前、特に朝食を食べる前の運動には脂肪燃焼効率を高め、通常の1.5倍にものぼるとされています。朝食前の運動を日常に習慣として取り入れてみることでよりダイエット効の向上が期待できます。朝に身体を動かすと自律神経のうち代謝や職かなどを活発にする「交感神経」が刺激され、脂肪燃焼能力が格段に強まります。朝の運動が少し躊躇われるのであれば、食後2?3時間経過した頃、あるいは昼食前でも効果は期待できます。ただし胃腸への負担が大きいため食事の直後は避けるようにしましょう。また日中のうちに運動する時間が取れないのであれば、夕食後でも構いませんが、運動するからといってあらかじめ食事の量を減らさずにいれば効果は薄れてしまいます。それは夕食後に至っては、交感神経よりも「副交感神経」という自律神経のうちに、体内のリラックスや修復を司る神経の働きが活発化するため、つとめて食事のカロリーが吸収されやすい体内環境へと助長させるのでダイエット効果としてはあまり芳しくならないからです。また、就寝前に食べると摂取したカロリーが消費されること無く脂肪となって体内に蓄積されやすい状態になるので注意が必要になります。 このことから、食事前の時間に運動することを心がけると良いでしょう。そうすることで強まる脂肪燃焼作用を有効に活発化させればダイエットにも期待できる結果へと繋げてくれます。
side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 食事deダイエット All Rights Reserved.