ダイエット食事の夕食について 〜 食事deダイエット

main_top_over_navi
main_top

ダイエット食事の夕食について

ダイエットを実践している人にとって、「夕食は軽めにとる」ことが良いとされています。 それは食事以外にも夕食時にはアルコールを飲む機械が増えるため、栄養バランスと共にお酒やおつまみのカロリーも考慮しなければならないことによります。そのうえで、食事で不足した栄養素を湯色で補うということも含めて、一日の献立を振り返り、不足分の栄養素を補給できる食材を夕食で取り入れることはとても良いことです。ダイエットにはバランスのとれた食事が何より肝心であるため、夕食への配慮は食生活全体の見直しにも一役を買います。また、アルコールをたしなむ時には、おつまみを野菜スティックなどのローカロリーにしておくのがベストです。アルコールは基礎代謝を向上させる作用がありますが、とはいってもおつまみを食べ過ぎればかえって脂肪を蓄積されやすくなります。ダイエット中はアルコールを控えることがベターであるといえます。また、ダイエット中では食事を就寝前にとることは厳禁です。夕食を寝る直前にとってしまうと、香りーは消費されるどころか脂肪に変わってしまいます。夕食は、少なくとも就寝の2?3時間前には済ませられるように心がけると良いでしょう。 もしも夕飯が遅くなってしまう場合は、食事量を減らしたり、消化のよいものに切り替えるなどといったコロリーコントロールが配慮が功を奏します。
side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 食事deダイエット All Rights Reserved.