ダイエットと食事量 〜 食事deダイエット

main_top_over_navi
main_top

ダイエットと食事量

「ダイエットのためには食事を制限する」、これが現代社会の通説となっていますが、実際のところそれが正しいダイエット方法ではない場合が多いようです。勿論、食事にも秩序を与えることは牛飲馬食によって必要以上に脂肪が身体につくことよりも、断然身体に優しいといえます。しかしそれは、食事量を一概に減らすというわけではありません。ダイエット=減食と考えるのは安易であり問題があることを忘れてはなりません。 ダイエットによって食事を制限すれば、体内では防衛反応が刺激されて少ない量の食事でも脂肪を溜め込もうと働きかけ、体重を維持しようとしまいます。ダイエット中に体重減少を停止してしまう時期がこれにあたり、結果的には効果として現れないと諦めやすくします。しかし、それによって食事量を元にすると、少ない原料で体重を維持しようと働き始めた身体は脂肪蓄積機能が高まったままですから、かえって「リバウンド現象」の引き金になります。 では、ダイエットを失敗しないためには一体どうすればいいのでしょうか。それにはまず【やせる効果がすき無い時期も諦めずにダイエットを継続させよう】とすることです。しかしながら、食事の栄養価やバランスを考えないと、月経不順や貧血、便秘などの弊害を引き起こしかねないので注意が必要になります。健康的に痩せるには【食事の量は減らしても室まで落さない】ということを心得ましょう。ダイエットには、「食事で栄養を摂取する」ことと「新陳代謝の向上・脂肪を燃焼させる運動」がポイントです。食事制限を正しく行いながら、有酸素運動を日常生活にとりいれながら効率的に痩せることが何よりです。また、健康的な美しささも、これによって手に入れることが出来るといえます。 ダイエットによる食事制限は、闇雲に量を減らすことではなく、食事に対して計画的で栄養を考えた「管理能力」が問われます。自分の食生活と運動をもう一度省みながら、理想的な体型を目指しましょう。
side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 食事deダイエット All Rights Reserved.