ダイエット食品と低インシュリンダイエット 〜 食事deダイエット

main_top_over_navi
main_top

ダイエット食品と低インシュリンダイエット

カロリーを気にしなくてもダイエットを進められると話題を呼んだダイエット方に「低インシュリンダイエット」があります。 低インシュリンダイエットは運動を頑張らなくても、食事量を制限することも無く、カロリー計算に頭を悩ませる必要も無いところが最大のメリットで、そのうえリバウンドをしにくいと評判で「楽に痩せる」ということで人気を博しました。このデイえっと方法は、血糖値は低く保つことでインシュリン分泌を低下させる作用があることに着目し、食事に血糖値をあげない工夫を施すことで脂肪をつくことを抑えることが出来ます。このダイエットでは「GI値」が低い食物を選ぶことがポイントです。GI値とは、炭水化物に含まれている等質が血糖値をあげる速度を数値化したものです。主に炭水化物(多糖類)やイモ類はGI値が高いとされ、白米や食パンを避けることが求められます。しかし、GI値が高い食物を口にしてはいけないということはなく、白米なら玄米、食パンなら小麦全粒粉パンに切り替えるなどの工夫で対応できます。 食事制限はどうしてもストレスがたまってしまう、運動する時間がなかなか取れないといった人には、この低インシュリンダイエットはおすすめです。既製品のダイエット食品にも最近ではGI値に注目したものも大変増え、取組みやすいものになってきました。
side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 食事deダイエット All Rights Reserved.